マイクロ波の生体への影響と世界の規制ガイドライン
ホームへ戻る

   本報告書は、スコットランド議会の要請にもとづき、1999年10月15日に米国カリフオルニア州のSage Associatesが提出したラジオ波
   被曝による生体への影響報告書を当社で翻訳したものです。欧米では、携帯電話やAM.FM等に使用されている無線電波の周波数を
   RF(ラジオ波radio frequency)として分類しています。
   「電力密度と吸収量に関する各国の規制値」及び 「高周波の規制勧告」に付いては、当社で追加掲載しています。

                                        Reported Biological Effects From
                                     Radiofrequency Non-Ionizing Radiation

                                        ラジオ波非電離放射線による生体への影響

Stadies by Increasing Power Density
電力密度の研究

参考: 日本の規制値(携帯電話基地局からの電波規制)は900 MHzで600μW/cu (0.6mW/cu)
1,500 MHzで1000μW/cu (1mW/cu)。
Power Density
電力密度
Reported Biologocal Effects
生体への影響報告
Reference
研究者名と
報告年度
0.1 μW/cu
(0.001 W/Kg SAR)
EEG brain waves are altered when exposed to cell phone signal
携帯電話の電磁波を照射するとEEG(脳波図)に異変を生じる。
Von Klitzing, 1995
0.16 μW/cu Motor function, memory and attention of school children affected
子供の運動機能、記憶力、注意力に影響を及ぼす。
Kolodynski, 1996
0.2 - 8 μW/cu Two-fold increase in childhood leukemia from AM-FM exposure
AM-FM電波に照射されると小児白血病は2倍に増加
Hocking, 1996
1.3 - 5.7 μW/cu Two-fold increase in leukemia in adults from AM RF exposure
AM電波に照射された成人の白血病は2倍に増加
Dolk, 1997
2.4 μW/cu Interference with medical devices at least up to 1000 MHz
少なくとも1000 MHz(メガヘルツ)までの医療機器に電磁干渉を及ぼす
Joyner, 1996
2 - 4 μW/cu Direct effect of RFR on ion channels in cells/opening of acetycholine channels.
ラジオ波照射はアセチルコリン チャンネルの開口/細胞への
イオンチャンネルへ直接の影響を与える。
*アセチルコリンは神経伝達物質でアルツハイマーや痴呆は
アセチルコリンが関係する細胞が壊れていくのが原因といわれる。
D'Inzeo, 1988
4 - 10 μW/cu Visual reaction time in children is slowed//lower memory function in tests
子供の視覚反応速度は鈍くなり、テストでの記憶機能は低下する。
Chiang, 1989
5 - 10 μW/cu Impaired nervous system activity. 神経系統の活動に障害を与える。 Dumanski, 1974
10 μW/cu Significant differences in visual reaction time and reduced memory function
視覚反応速度に重大な差が表われ、記憶機能が減衰する。
Chiang, 1989
10 - 25 μW/cu Changes in the hippocampus of the brain.脳の海馬状隆起に変化 Belokrinitskiy, 1982
30 μW/cu
(0.015 W/Kg SAR)
Immune system effects - elevation of PFC count (antibody producing cells)
免疫系統への影響 - PFCカウント(抗体を造り出している細胞)が
増殖する。
Veyret, 1991
50 μW/cu An 18% reduction in REM sleep (important to memory and learning functions)
レム睡眠の18%減少 (記憶と学習機能に重要)
Mann, 1996
100 μW/cu Changes in immune system function.免疫システム機能に変化 Elekes, 1996
100 μW/cu A 26% drop in insulin.インシュリンが26%減少
Navakatikian, 1994
120 μW/cu A pathological change in the blood brain barrier (915 MHz)
血液-脳関門の病理的変化 (915メガヘルツ)
Salford, 1993


Studies by Increasing SAR (Specific Absorption Rate)
局所吸収量の研究 (頭部に吸収されるエネルギー量で体重1kg当たりの吸収量)

参考: 日本が2001年夏をめどに電波法の関係規則を改正。規制値は2W/kg.,但し この規制値は頭部モデル
(フアントム ヘッド)で測定し,頭部の組織10gに6分間あて、吸収されるエネルギー量の平均値を採用するため
極めて緩い規制値となる。
米国は1.6W/kg.ですが組織1gに6分間あてた吸収量の局所ピーク(最高値)を採用しているため、
日本の規制値は米国より数倍緩くなる。
SAR
局所吸収量
Reported Biological Effects
生体への影響報告
References
研究者名と
報告年度
0.000021-0.0021 W/kg Changes in cell cycle and cell proliferation (960 MHz GSM cell phone signal)
細胞サイクルと細胞増殖の変化 (960メガヘルツ GSM 携帯電話の電波)
Kwee, 1997
0.0004 W/Kg Pulsed cell phone RF caused changes in blood-brain barrier that protects brain from outside harmful chemicals and toxins (915 MHz GSM cell phone)
パルス信号の携帯電話の電波は、外部からの有害な化学薬品と毒素から
脳を保護する血液ー脳関門に有害な変化を引き起こす。
Salford, 1997
0.001 W/Kg EEG brain waves are altered when exposed to cell phone signal at 0.1 μW/cu
EEG(脳波図)は、0.1マイクロ ワット/cm2の携帯電話の電磁波に照射されると
変化する
Von KIitzing, 1995
0.0317 W/Kg Decrease in eating and drinking. 飲食の減退 Ray & Behari, 1990
0.005 to 0.05 W/Kg Calcium efflux.カルシウムの流出 Dutta et al, 1989
0.14 W/Kg Elevation of immune response at 100 μW/cu
100マイクロ ワット/cm2で免疫反応が上昇する
Elekes, 1996
0.13 - 1.4 W/Kg Lymphoma cancer rate is 2.4 times normal with two 1/2 hour exposures per day of cell phone exposure (pulsed digital mobile phone signal 900 MHz)
悪性リンパ腫の罹患率は、900MHzのデジタル電波を一日30分を2回浴びると
(18ヶ月で)正常値の2.4倍
Repacholi, 1997
0.4 W/Kg Statistically significant increase in malignant tumors at 480 μW/cu
480マイクロワット/cuで悪性腫瘍が統計的に重大な増加をもたらす。
Guy, 1984
0.58 - 0.75 W/Kg Biological effect on the development of brain tumors at 18% of standard (836 MHz TDMA digital cell phone signal)
836 MHzのTDMA デジタル電話の電波で脳腫瘍の発生は通常の1.18倍
Adey, 1996
0.6 and 1.2 W/Kg DNA single and double strand breaks from RF exposure (2450 MHz)
2450MHzのラジオ波に被曝すると、DNAの1重及び2重ラセンが切断される
Lai, 1995
2.4 mW/Kg to
24 mW/Kg
Digital cell phone (836 TDMA) at very low intensities cause DNA effects in human cells. DNA effects are direct DNA damage. Is equal to about 800 μW/cu power density
デジタル電話(836MHz TDMA)は極めて低レベルの強度でDNAに影響を
及ぼす。DNAへの影響は直接的な損傷である。電力密度に換算すると
約800μW/cu
Phillips, 1998
2-3 W/Kg Cancer acceleration in skin and breast tumors at 50 - 75% of standard
皮膚および胸部の腫瘍は通常の1.5〜1.7倍の速度で悪性化する。
Szmigielski, 1982


Standards and Background Levels
各国の電力密度規制値

Power Density
電力密度
Standards
電波の周波数
Organizations
組織と国名
579μW/cu 800-900 MHz ANSI/IEEE (USA) 全米規格協会/
電気・電子工業協会, 米
1000μW/cu 1800 MHz for public exposure
一般人
FCC (USA) 連邦通信委員会,米
5000μW/cu 1800 MHz for occupational exposure
職業従事者
FCC (USA) 連邦通信委員会,米
3300μW/cu 900 MHz NRPB (UK) 国立放射線防御委員会,英
10000μW/cu 1800MHz NRPB (UK) 国立放射線防御委員会,英
300μW/cu 900/1800 MHz CANADA トロント健康局, カナダ
450μW/cu 900 MHz ICNIRP 国際非電離放射線防御委員会
900μW/cu 1800 MHz ICNIRP 国際非電離放射線防御委員会
450μW/cu 900 MHz GERMANY ドイツ
900μW/cu 1800 MHz GERMANY ドイツ
600μW/cu 900 MHz MPS(JAPAN) 総務省,日本
1000μW/cu 1500 MHz MPS(JAPAN) 総務省,日本
200μW/cu 900/1800 MHz AUSTRALIA オーストラリア
200μW/cu 900/1800 MHz NEW ZEALAND ニュージーランド
10μW/cu 460-1800 MHz PORTLAND ポーランド
10μW/cu
自治体は2.5μW/cu
460-1800 MHz ITALY イタリア
10μW/cu 1800 MHz SWITZERLAND スイス
6.6μW/cu 900 MHz CHINA 中国
4.2μW/cu 900 MHz SWITZERLAND スイス
2.4μW/cu 460-1800 MHz RUSSIA ロシア
室内
0.0001μW/cu
屋外
0.001μW/cu
300-300000 MHz AUSTRIA(SALZBURG )
ザルツブルグ州,オーストリア(2002年更新)
0.001μW/cu 460-1800 MHz Wollogon Council, NSW, Australia
フォローゲン議会, オーストラリア(提案中)
0.001μW/cu . EU(欧州連合)委員会内のSTOA委員会
の提言

高周波の規制勧告 : 単位 μW/cu
電波の周波数帯 W.W. Scherer
カナダの生物学者
1994年
BUND
ドイツ
1997年
ECOLOG
ドイツ
1998年
W.Maes
ドイツの
生物学者
1998年
N. Cherry
リンカーン大学
環境衛生研究,
ニュージーランド
1998年
C. Tegenfeldt
BEMI, スウェーデン
1999年
460 MHz 0.0001 0.023 2.3 0.00002
〜0.002
< 0.06 0.0000265
900 MHz 0.0001 0.045 4.5 0.00002
〜0.002
< 0.06 0.0000265
1800 MHz 0.0001 0.090 90 0.00002
〜0.002
< 0.06 0.0000265

SAR
局所吸収量
Standards
基準
Organizations
組織と国名
0.2 W/Kg IEEE standard for whole body SAR for general public
(1/6 of an hour)
一般公衆の全身に吸収されるエネルギー量 (10分間)
IEEE (USA)電気・電子工業協会、米
1.6 W/Kg FCC (IEEE) SAR limit over 1 gram of tissue
(cell phone to ear)
頭部組織1gに吸収されるエネルギー量の限界値
(携帯電話を耳にあてた状態で測定)
FCC(USA), 1996
連邦通信委員会,米
2.0W/Kg MPS SAR avarage over 10 grams of tissue
(cell phone to ear)

頭部組織10gに吸収されるエネルギー量の平均値
(携帯電話を耳にあてた状態で測定)
MPS (Japan), 2001 総務省、日本
ICNIRP
(国際非電離放射線防御委員会)
0.8W/Kg 頭部組織10gに吸収されるエネルギー量の平均値
(携帯電話を耳にあてた状態で測定)
TCO
(スウェーデン事務労働組合連合)
1.0W/Kg 頭部組織10gに吸収されるエネルギー量の平均値
(携帯電話を耳にあてた状態で測定)
中国 (検討中)

トップページ
Copyright © 2015 FSC - All Right Reserved